テニスをするなら新井湯太加のフルスイングテニス

フルスイングテニス!!新井流テクニック

新井流フルスイングテニス塾は3つの特典がついています。 みなさん、こん◎◎は!!

 杉山愛選手の公認コーチである新井湯太加コーチはサービスについて、このように語ってらっしゃいます。
サービスにおいては「絶対に入る」という自信が欲しい。その安心感が勝てる試合の流れを作ってくれる。そしてその確率をあげるためには回転が必要だ。なぜなら、「テニスのサービスにおいて確率と回転の量は比例する」からです。

 だからこそ今回の新井流は「確率を高めるために回転系のサービスを自在に打てる事」を狙いとしています。回転じゃなくて、「ゆるいボールだと確率もあがるのでは?」と思われた方もいると思います。

 おっしゃる通りです。スピードと確率ももちろん関係します。しかし誤解がないようにお話ししますが、ここでいう「スピード」とは「力の入れ具合」によって調整するものではありません。よく見かける光景。1stサービスを力いっぱい打って、2ndサービスになると、力を加減して打つ。これは一見有効な手段ですが、実は試合になればダブルフォルトが増加する手段でもあります。その理由は練習でのプレッシャーがない場面と試合でのプレッシャーがある場面で力の「さじ加減」が全く異なってくるからです。

いわゆる「手元」が狂いやすいのです。

 焦れば焦るほど、手元は狂います。そして「もっと慎重に、もっと安全に…」その結果ゆるい2ndサービスに拍車をかけます。焦れば焦るほど、「入れたい」という一心から2ndサービスはどんどん「ゆるく」なってきます。そして皆さんもご経験がある「当てるだけ2ndサービス」の最も大きなデメリットがあります。

 それは「レシーバーが攻撃しやすいサービスである」という事です。「当てるだけ2nd」でサービスダッシュ出来ますか?よほどのネットプレイに自信がないと厳しいですよね。逆にあなたがレシーバーだったらどうでしょうか?もちろん「思いきりストロークで叩いて」ネットに詰めるのではないでしょうか?このような「当てるだけ2ndサービス」は確率という側面だけを見ると「安全」なように思いますが、実はもの凄くデメリットが大きいサービスの一つであることがお分かり頂けたと思います。

 では、回転系のサービスを打とうにも私でも出来るのか?そんな風に思われたことだと思います。私にも「出来そうか」「出来なさそうか」それはこちらの2つの文字盤の動画をご覧になってから挑戦する価値があるかをお決めください。その重大なステップを動画でご覧ください。

>>動画を今すぐ確認!

新井流のフルスイングテニスならスピードとテクニックが身につきます。新井流フルスイングテニスでテニスを楽しみましょう。

YAHOO!Japanピアノ 教室 選び方フォアハンドテニス